ヘルス嬢の態度について

仕事の経験上、いつも心掛けているのが、親切にすることです。そうすれば向こうもそれなりに親切にして、返してくれるのです。ニコっと笑えば向こうも笑ってくれるし、人間というのはそうやって付き合っていくものだと思っています。それはヘルスに遊びに行ったときもそうで、風俗嬢だからといって手荒に扱ったり、ぞんざいな口をきいたりといったことは絶対にしないようにしています。むしろ風俗嬢だからこそ、そうでない女の子よりも優しく接するようにしています。これが効果抜群だということを知らない男は損をしています。風俗嬢は優しくされると感激する子が多く、彼女たちが感激するとどうやって恩返ししてくれるかは言わなくてもわかります。その結果、とても熱心にサービスしてくれるので、僕がヘルスに遊びに行って、今日はハズレだったな、という経験はこれまで一度もありません。誰に対しても横柄な態度をとる会社の先輩が、ハズレに当たったと文句を言っているのを聞くたび、原因は女の子にあるのではないだろうなと、ひそかに思っています。

初めてのファッションヘルス体験

東京に住んでいるなら、風俗遊びをする場所に困る事は絶対にない、と言ってよいでしょう。僕もいつか風俗で遊んでみたいと思いながら、なかなか自分の中できっかけがつかめずにいたのですが、あるとき先輩と飲んでいたとき、風俗に行ったことがあるかと聞かれて、正直なところ、キターっと思いました。まだ一度も行ったことがありません、というと、それではダメじゃないかと言われ、想定通りそこから風俗に連れて行ってもらうことになりました。先輩は妻帯者だったこともあって、もっぱらファッションヘルスを使っている、と言っていました。ホテル代もかからないし、誰かに見られる確率も風俗街に入ってしまえば意外とない、というのが先輩の持論でした。手取り足取り先輩に教えられている僕は、店の人から見ると滑稽だったかもしれませんが、エッチの経験はあったので、女性と二人きりになると意外と落ち着いていました。けれども、今まで彼女とやってきたエッチとは違って、ヘルスの女の子がかなり積極的だったためにあっというまに昇天してしまい、さすがにそのときは恥ずかしかったのを覚えています。

中部のヘルスはアナルバイブが挿入されたまま密着プレイが始まる

ローションを使いながら身体同士をこすり合わせてくれる中部のヘルスでは、アダルトグッズを使いながらの密着プレイが魅力的です。こちらの胸板に女性のバストがすり寄せられるだけでも、手で感じるバストの柔らかさとは違った感触の良さに感動まで覚えられました。そんな密着状態からアナルバイブを挿入してくれたりと、アダルトグッズを活かしてくれるプレイが始まるからこそ、性的快感の大きさにも驚かせてもらえるのです。これまでアナルバイブを挿入されるプレイ自体が未経験だったので、あっさりとアナルバイブが挿入出来たというのも意外でした。女性側もそこからのプレイの盛り上げ方をよく分かっており、バストを擦る様に密着させながら、アナルバイブを激しく動かしてくれます。その性的快感の組み合わせによって、ペニスに触れられる事無く絶頂を迎えてしまうぐらいです。素晴らしいアナルバイブ責めの初体験になったと今でも思っており、その時の中部のヘルスでの記憶はずっと残しておきたいと感じています。ちなみに、今回中部のヘルスを見つけたサイトはこちら
極上のヘルスを探すにはここから!?